私は20歳の時から第一生命の保険に加入しています。保険のことは良く分からないし若い時はそんなものどうでもいいかのように思っていて保険の外交員さんの言うとおりに入ったと言うような終身保険でした。更新の時などに今加入しているものよりも良い内容の物に加入しなおしたりして今は「堂々人生」という保険に加入しています。堂々人生の保険内容に納得しているので、外資系の掛け金の安い保険料などが今はたくさんありますが変更することなくこの保険に継続して加入しています。この保険は三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)にかかった時に以後の保険料を支払わなくてもよいと言うものです。保険料を免除してもらえるのですがその後の保証はされるといいます。そして私が加入する時に一番良いと思ったのは、三大疾病にかかった時に100万円が10年間支払われると言う事です。大きな病気にかかってしまった時に仕事も辞めて病気の治療に専念する時にどのくらいのお金が必要になるか分かりません。その時にたいした貯金もなく治療が出来ないと言う事になってしまわないか不安に思っていたからです。月々の保険料は約15000円程です。保証内容や死亡時の保証内容などによってもう少し保険料は押さえることはできます。それでも掛け捨てなどの保険に比べれば随分と高額な保険料だとは思います。しかし、健康で老衰で亡くなると言う人も少なくほとんどの人ががんなどの大きな病気にかかって亡くなっていくのを考えるとこの保険で大丈夫だと安心しています。この保険を使うことなく今は元気で暮らしていますがいざという時にしっかりサポートしてもらいたいです。

 

保険を利用した、その実例