以前、右の眼窩底を骨折して9日間入院したことがあります。

その際に加入していた生命保険の給付を受けました。加入していた保険はアフラックです。

毎月の掛け金が当時は約5,000円ほどの掛金で入院1日10,000円のものに加入していました。

入院は手術も無く(私が手術しないことを選択したため)、大部屋でしたので9日間の入院でかかったお金は10万円ちょっとでした。給付金は日額10,000円×9日で90,000万円の支給でしたので若干不足しました。

私の場合は怪我をさせた相手方がすべて支払ってくれたので私自身が支払ったお金はありませんでしたが。

給付金の申請は退院後に代理店を通して行いました。代理店へ書類を送ってもらうように電話をして2日ほどで到着しました。

そして必要事項を記入して退院後の検診の時に病院へ持参し記入してもらって郵送しました。

給付金が入金されるまでは10日ほどととても早かったです。

終身保険なのでずっと保険料が上がらないという魅力もあるので今もその保険に加入しています。当時よりもいろんな特約はつけています。

骨折をする1年くらい前に加入した保険だったんですが、生命保険に加入していて良かったと実感しました。

加入してからの年数が浅いと保険金の給付とか嫌がられるという話を聞いたことがあったんですがそんなこともなく気持ちの良い手続きでした。

若い時は保険はもったいないなあ〜なんて思ってしまいがちですが、やはり事故や病気はいつ身に降りかかるかわからないものなので必要だと思います。

毎月の掛け金も気になるところですが、私はやはり1日10,000円支給があるタイプがおすすめだと思いました。個室でなくてもやはり1日10,000円位はかかってしまいますからね。

 

保険を利用した、その実例