保険金自体が月々の生活の事を考えるとバカにできません。海外での考え方では、月間の収入のうち、どれくらいを貯金に回し、生活費に回し、寄付に回し、そして保険に回すのか。

そういう収入に応じた保険金の目安がモデルケースとして提示されているようですが、日本ではその通りにはなかなかいかないものかと思います。

私も以前の職場ならば月間1〜3万円の保険金は支払うことができましたが、職を変えて収入が減り、結婚して家を建てて……となると、現実的に保険にお金をかけられる額は決まってきます。

保険金をかけることで生活が圧迫され、それによって苦しい生活になることも本末転倒名気がするからです。

幸い現在はかなりの種類の保険が販売されており、格安の物もありますので自分にあった保険を相談していくことで入っていくこては可能です。

ですが、生命保険は実際に何かあった際に支払われる保険の為、そのありがたみを実感せずに終わることが多いのではないでしょうか。

もちろん何も起こらないことの方が望ましいですし、支払った保険料は相互扶助として他の本当に必要だった方のお役に立てているわけですから無駄なことはなく、よいことをしているわけですけれど。

そんな中、自分の経験の中で、役立っていると実感できる保険が学資保険です。

子供が生まれた際に、日本生命のセールスレディの方と相談し、すぐに入りました。ゼロ歳から入りましたので、月々の掛け金も8000円ほどと手頃です。

そして、幼稚園入学、小学校入学と、何かとお金がかかる場面で、お金を引き出すことができるので便利。

手続きもセールスレディの方に、「そろそろ準備金に用意したんですが」と相談すれば、あとの手続きはすすめてくれました。やはりこういう時は懇意のセールスレディの方がいると便利ですね。

学資保険には育英保険の側面も有り、自分に万一のことがあった時も安心です。安心して子供を育てるための保険として、本当にありがたいと思っています。

 

保険を利用した、その実例