我が家のがん保険は夫婦ともに富士生命保険に加入しています。
以前のがん保険は5年前に加入しましたが、保険のファイナンシャルプランナーの方に相談したところ診断給付金が一度しか給付されないため、再発に弱い保険に加入していることがわかり、2か月前に富士生命保険にかけ直しました。
富士生命保険のがん保険は、100万円の診断給付金が出てからも2年以上経過した場合の再発時には再度診断給付金が出ることや、2年以上治療をずっと続けていた場合にも2年経過時に再度給付金が下りることが魅力的でした。入院での給付はありませんが、現在のがん治療は通院が主体となるガンも多いようですので、診断給付金を大きくもらった方が良いようです。初期に見つかるがんの多いという上皮内新生物診断給付金も50万円と、以前のがん保険は5万円でしたのでかなり手厚くなっています。
月々の掛金は終身契約終身払いで夫婦ともに2000円程度です。前の保険は60歳払い済みの契約をしていたため、掛金はほとんど変わりませんでした。20代のうちに見直しをしたのがよかったと思います。
がんの診断を受けたことはないので、今までに保険を利用したことはありませんが、女性は特に早い段階でがんが見つかることもありますので備えておいて損はないと思っています。
富士生命の保険に加入している人はセカンドオピニオン時に有名な医師を紹介してもらえるサービスや、今あいている病院を探してもらえるサービスを使うことができます。主人は出張先で病院がわからなかった時にとても助かったようです。
これ以上良い保険は出ないだろうとは言われましたが、今後も専属のファイナンシャルプランナーの方に定期的に見直しをお願いしたいと思います。

 

保険を利用した、その実例